ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2019年7月15日

古家野雄紀 日本画展

古家野雄紀 日本画展

3日目です。

昨日まで、古家野雄紀が在廊しておりました。

お客様とお話をしたり、額の裏にサインをしたりの2日間でした。

 

ギャラリー入り口から

 

螺旋と二重螺旋の作品

 

額裏にサインをしている古家野雄紀

 

 

会期:2019年7月13日(土)〜7月20日(土)
※会期中無休 
営業時間:10時〜18時(最終日は16時終了)
会場:ギャラリー北岡技芳堂
作家在廊日:7月13日(土)13時〜/7月14日(日)16時まで

2019年7月9日

弥七田織部渦巻紋茶碗が入荷

弥七田織部渦巻紋茶碗

使うなら今の時期かな!

前回ご紹介した古瀬戸茶碗の二番目にお出ししてます。

「古池や蛙飛びこむ水の音」

という事で春から今ぐらいの時期に良いお茶碗じゃないですかね!

 

 

ご来店いただきましたらこのお茶碗でお茶をお出し致します。

 

 

水たまりに雨が落ちたようにも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月4日

古瀬戸茶碗 藤村庸軒書付

古瀬戸茶碗

詫びててお茶が美味しく頂けます。

藤村庸軒好み

白庵茶碗在判

箱書と高台横の漆書共に藤村庸軒

 

 

お茶が美味しです。

 

 

古瀬戸特有の釉薬がたまらない。

 

 

いい茶わんだな〜〜!

宗旦四天王の一人、藤村庸軒の所持していた茶碗ということで、なぜか嬉しくなってきます。

 

 

 

 

 

2019年7月2日

徳川宗春 尾張徳川7代藩主 入荷

徳川宗春

尾張徳川7代藩主

風月「ふげつ」

心地よい風と美しい月。自然の風物。「花鳥風月」

自然の風物を題材に詩歌・文章を作ること。また、文才のあること。「風月の才に富む」

 

 

 

 

 

 

自然の風物を題材に詩歌・文章を作ること。また、文才のあること。「風月の才に富む」

宗春鉸彫と落款に書かれており、自筆をいろ紙で切り抜いて本紙に張り付けた文字。

宗春の風流さを感じさせて素晴らしい珍品。

徳川宗春は、数が少なく貴重なお軸です。

名古屋を盛り上げるには宗春さんですね!

 
 
 
 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2