ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2020年1月23日

日蓮宗の日潤の掛軸を買取致しました。

寄道祝

桑門日潤

 

 

春奈ほなる 

こゝ呂の者那や 

知里ひぢの 

都もりてたかき 

や滿とこと能葉」

●意訳
「素直な小さくうずくまった花があることよ 取るに足らない大和言葉でも積もれば高くなるのだ」

日潤さんを訪ねて中村区の定徳寺に行ってきました。
日蓮宗の素敵なお寺で、創立が元応元年(一三一九)三十番神略縁起が祀られていて三十の神々を一度に拝む事が出来るので便利で有難いと住職のお母様がおしゃっておりました。
定徳寺には、日潤さんのお墓や和歌の石碑があり、かなり当時は知られていたお坊さんだったのでしょう。私は、日潤さんの茶杓も所有しており、定徳寺には、茶室があったようで茶道もたしなんだと言われている。
今後、どんな方だったのかもっと知りたいと思いました。
日潤さんは、江戸後期の僧で尾張名古屋に生まれる。
号は一雨院、俗姓は中島。
名古屋中村区の定徳寺二五世となるが、招かれて京都満願寺に移住。のち名古屋に戻り、身延山久遠寺六十世となる。
元政・日相に私淑し、和歌を日野資枝に、また儒学を磯貝潤洲に学び、詩を能くした。天保9年(1838)寂、80才。

 

 

 

2020年1月7日

福澤諭吉の掛軸を七言絶句を買取りました。

福澤諭吉

七言絶句

適々豈唯風月耳 渺茫塵界自天真 

世情休説不如意 無意人乃如意人

川島清堂箱書

 

 

 

 

 

【読み下し】
適々は豈に唯だ風月のみならんや  渺茫(びょうぼう)たる塵界も自ら天真なり 世情説くを休(や)めよ意の如くならずと 無意の人は乃(すなわ)ち如意の人なり

【もっと詳しく】
適々とすることは、何も風月のみではないだろう。

渺茫たる(広くて見定めがたい)塵界(俗世)も、自然のままで飾り気のないものだ。

自分の思い通りにならなくとも世情を説くことはやめなさい。

意を持たぬ人こそ自分の思いを達する人なのだ。

2019年12月28日

大森暁生 『Super mouse, never be captured』

大森暁生

『Super mouse, never be captured』

 

 

H22×W72×D5.5(cm)

ブロンズ、金箔、彩色、アガチス、漆

ED 100  AP 10

©AKIO OHMORIFounder:黒谷美術株式会社

Photo:KATSURA ENDO

モチーフは来年の干支でもある「ねずみ(子)」です。ねずみは日本では財運、子孫繁栄、家庭運など縁起モチーフとして知られますが、海外では顔をしかめられてしまう事もある存在のようです。英訳も「mouse」と書けば某夢の国の大スター、ところが「rat」と書くととたんに薄汚いドブネズミになってしまうのも興味深いところです。そんな時として嫌われ者のねずみに、勇ましいマントを着せ英雄に見立て、”Super mouse”と名づけました。背後に忍び寄るのは天敵の影。けれどタイトルの通り、天敵をもいとも簡単に華麗にかわし俊敏に走り抜けます。”Super mouse”にすっかり翻弄されてしまった天敵も、少々切なげです。

 
 
 
 
 

2019年11月27日

古染付 水文皿 明時代末の厚手を買い取りました。

古染付

水文皿

明時代末

厚手で爽やかなデザインが気に入ってます。

なんか良い風に使ってみたいです。

一つが割れて銀で綺麗に治してます。

一つ、裏手にほつがあります。

 

 

 

 

古陶磁、古染付を買い取りいたしております。

ございましたらご一報ください。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

2019年11月9日

山本淳平展 Glowing thoughts

作家:山本淳平

作品;ドードー鳥

制作;2018年

 

 

2019年11月30日(土)〜12月7日(土)※会期中無休
場所:ギャラリー北岡技芳堂
営業時間:10時〜18時(最終日は16時終了)

動物の立体上に散りばめられた家や人々、
山本淳平は夢に浮かんだ形や物語、
そこから派生したオリジナルの世界を土で表現しています。
作品は紐作りで成形し、
手製も含めた道具を使い独特のマチエールを出していきます。
本展では、見応えのある大きな作品から、陶板、香炉、招き猫、
カップ類まで約40点を展示いたします。
是非この機会にご高覧いただけましたら幸いでございます。

 

 

 

2019年10月21日

昭和初期、燻銀の古〜い!純銀インゴット買取ました。

昭和初期、燻銀の古〜い!純銀インゴットを買取ました。

30キロは、重たいな〜!

このようなお買取は、あまりありません。

このようなインゴットから、スクラップの純銀まで、様々な銀製品を買取致しております。

純銀は、くすんでいてもへこんでいても目方でお買取を行い、査定に響くことはありません。

銀瓶などは目方以上にお値段をお付けできる場合もございます。

あらゆる銀製品を買取致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

2019年10月11日

「名古屋〝お宝〟買い取りの現場 ~増税で客が殺到!?~」

「名古屋〝お宝〟買い取りの現場 ~増税で客が殺到!?~」

増税で何かと物入りになる人も多い中、骨董品の買い取り現場には連日多くの人たちが〝お宝〟を売りにやってきます。掛け軸、絵画に記念硬貨・・・中には驚きの「名品」も。果たしてその査定額とは・・・高額査定続出!〝お宝〟買い取りの現場に密着しました。

 

 

名古屋テレビメーテレup!

https://www.nagoyatv.com/up/

 

 

 

2019年10月7日

「第十三支 猫展」

「第十三支 猫展」

出展作家

加藤竜弥

こいけちえ

寺田鉄平

白亜器

本多晋一郎

(50音順)

会期:2019年10月12日(土)〜10月19日(土)

時間:10時〜18時(最終日は16時終了)会期中無休

場所:ギャラリー北岡技芳堂

 

★「お酒の会」ご案内★

『第十三支 猫展』の初日にお酒の会を開催いたします。

「義侠」でお馴染みの山忠本家酒造株式会社
11代目蔵元 代表取締役 山田昌弘さんをお招きして、
一日限りの「お酒の会」を開催いたします。

また、四間道「懐韻」の池田美香子さんにおつまみをご用意いただきます。
※恐れ入りますが、おつまみにはご用意に限りがございます。
あらかじめご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

会費:2,000円(飲み比べセット)他

ご用意するお酒の量をある程度把握するため、
事前のご予約をお願いしておりますが、当日参加も大歓迎です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

お電話でのご予約も承っております。
ご不明な点などございましたら、北岡技芳堂までお電話ください。
TEL:0120-516-145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月23日

有栖川宮幟仁親王 井伊直愛箱書 寄弓祝

有栖川宮幟仁親王

井伊直愛箱書

寄弓祝

幟仁親王

萬(ま)とにいる 夫(そ)のこと
御代の直なれば
遊(ゆ)みの道こそ
弥(いや)さかへけれ

 

 

 

 

 

【大意】
的に射る それは御代の直なので
弓の道はいよいよ栄えるのだ

有栖川宮幟仁親王
(ありすがわのみや たかひとしんのう)
文化 9年1月 5日
明治19年1月24日

幕末・明治期の日本の皇族。

有栖川宮韶仁親王の第一王子。

文政6年(1823年)親王を宣下され上総太守。

元治元年には国事御用掛となりる。

慶応3年(1867年)に親王の位階第一位の一品を授けられ、明治新政府の議定・初代神祇事務総督・神祇事務局督に就任。

明治14年(1881年)数多の神道家の請願により神道教導職総裁に就任して、時の祭神論争の沈静化に尽くし、翌年には皇典講究所総裁として皇学の隆盛に尽力した。
有栖川宮家は代々歌道・書道が家学で、五代・職仁親王の代に書道有栖川流の基礎を固め、幟仁親王により大成し確立した。現大教院扁額も親王揮毫のものである。

 

 

 

2019年9月23日

植野のぞみ展 -心のすみっこ-

本日からです。

2019年9月23日(月)〜9月28日(土)※会期中無休

植野のぞみ展 -心のすみっこ-

@ ギャラリー北岡技芳堂

営業時間:10時〜18時(最終日は17時終了)
作家在廊日:9月23日(月)/9月28日(土)

 

 

 

三重県出身
2006年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業
在学4年生より立体造形をはじめ、
桐の粉と糊を混ぜ合わせた木の粘土”桐塑”に出会う
以降主に桐塑を用いて人間臭い仕草の動物をモチーフに制作を続ける

誰もが目にしたり感じている日常の様々な瞬間を
感性豊かな視点で捉えた、ユーモアたっぷりの立体と平面(絵画)作品を出品いたします。
ぜひこの機会にご高覧いただけましたら幸いです。
作品についてのお問い合わせもお気軽にご連絡くださいませ。

 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2