ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2016年3月18日

須田剋太の書 南無仏陀

須田剋太の書

南無仏陀

南無は、絶対的な信仰を表すために唱える語。仏・菩薩(ぼさつ)
仏陀は、(ぶっだ、ブッダ、梵:बुद्ध buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。 buddha はサンスクリットで「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。

共箱








略歴
1906年 – 埼玉県北足立郡吹上町(現:鴻巣市)で、須田代五郎の三男として生まれる。本名 勝三郎。
1927年 – 埼玉県立熊谷中学校(旧制、現・埼玉県立熊谷高等学校)卒業。
その後浦和市(現:さいたま市)に住み、ゴッホと写楽に傾倒する。
東京美術学校(現東京芸大)を4度受験するもいずれも失敗。独学で絵を学ぶ。
1936年 – 文展で初入選。
1939年 – 文展で「読書する男」が特選。
1949年 – 抽象絵画の旗手長谷川三郎と出会い、国画会に入り抽象画の道へ進む。
1950年 – 森田子龍編集の「書の美」に論文を発表する。以後「墨美」や墨人会同人との交流を通して書に深く傾倒。
1955年 – 第3回日本抽象美術展に出品。
1957年 – 第4回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展に出品。
1960年 – 第1回個展(大阪フォルム画廊)。 1961年 – 現代日本絵画展に出品。カーネギー国際現代絵画彫刻展(アメリカ)に出品。
1962年 – 西宮市民文化賞を受賞
1971年 – 司馬遼太郎に同行しながら、「街道をゆく」の挿絵を描き始める。
1975年 – 郷里の吹上町文化賞を受賞。
1983年 – 「街道をゆく」の挿絵で第14回講談社出版文化賞を受賞
1989年 – 埼玉県立近代美術館にすべての抽象の油彩画、グワッシュの合計293点を寄贈。
1990年 – 油彩画45点、グワッシュ320点、挿絵1858点の計2223点の作品を大阪府に寄贈。死期を感じ取り作品を散逸させないため大量の寄贈を行ったと言われている。
1990年 – 7月14日午後5時28分、兵庫県神戸市北区の社会保険中央病院にて84歳で死去。


2016年3月3日

喫茶去 陶芸家4人展  中日新聞に掲載

喫茶去 陶芸家4人展

〜お菓子とお茶の提案を器から〜

作家

伊藤千穂

小野穣

桑田智香子

沼田秀章

2016年3月19日(土)〜27日(日)

中日新聞 3月3日(木)朝刊
市民版に掲載させて頂きました。










最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram