ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2015年3月31日

第2回Trim ー新進気鋭日本画展ー

第2回Trim ー新進気鋭日本画展ー
会期:2015年4月15日(水)〜4月21日(火)
会場:松菱6階 美術画廊
岡村智晴
岸本浩希
平田 望
本地祐輔
※4月18日(土)と19日(日)午前11時と午後2時から美術画廊でギャラリートーク&コンサートを開催いたします。

2015年3月31日

大森暁生 white snake trapped in frame

大森暁生
white snake trapped in frame
白蛇の素晴らしい彫刻です。

H137
W80
D30
檜、欅、塗、彩色、ステンレス
Photo : KATSURA ENDO

2015年3月31日

近藤悠三の作品を買取いたしました。

陶磁器染付の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受け、日本の陶芸界に大きな足跡を残した近藤悠三。
近藤悠三の作風は一言でいえば豪快雄暉で、自然の草木、果実や山々などのモチーフを絵画的な筆致と濃淡の諧調によって表現しています。ギャラリー北岡技芳堂では、近藤悠三の作品買取を致しております。
染付の人間国宝であった近藤悠三は、志野焼の研究をしていたこともありましたが、後に染付の制作に専念します。
奈良県の富本憲吉の工房の助手であった近藤悠三は、富本の「模様から模様をつくらず」という精神に感化されていきます。
梅やザクロ、アザミ、葡萄、山などを題材として自らのスケッチを基に、つけたてとぼかしを基調とした筆遣いにより濃淡を絵画的に表現しました。
それらの意匠は、器形と調和し、作家独自の豪快な作風を示しています。
その後は、呉須染付に併用して赤絵や金彩の技法を用い、さらに独特の作風を確立しました。
近藤悠三の作風は、文人画や禅画に通じる精神世界を有しているともいわれており、それは、あたかも陶器に描かれた水墨画ようです。

2015年3月28日

日本刀・刀剣を買取いたします。

日本刀・刀剣買取専門店 名古屋大須のギャラリー北岡技芳堂では、大刀(太刀)、脇差、短刀、小刀、槍等の買取りを致しております。 日本刀・刀剣などの買取価格は、状態や拵え等、実際にその品を拝見してみないと買取価格を決めることができません。したがって、日本刀・刀剣の買取をご希望のお客様は以下の3つの中から選択していただき、買取依頼品の鑑定をさせていただきます。
1・出張買取 
2・店頭買取 
3・発送買取
どの方法を選択していただきましても、査定価格に影響はありません。郵送で買取依頼品をお送りいただく場合も、こちらで買受させていただくか、一度返送してご検討いただくか決めていただくまで、厳重に保管いたします。
 ご不要となりました日本刀・刀剣・刀の売却、またご家族様が蒐集された日本刀・刀剣等の買取など売却・遺品整理をお考えなら日本刀買取専門店ギャラリー北岡技芳堂までご連絡下さい。
 先代様の収集品であった遺品の中で、刀剣・日本刀・槍・古式銃、刀・脇差など、初めてご処分をご検討のお客様は、どのようにして買取してもらえばいいのか、どのような業者に依頼すればいいのか等、様々な不明な点や、不安な点が多いかと思います。
査定や買取依頼だけでなく、
どのように扱えばいいのか?
売れるものなのか?
鑑定書・各種認定証がみつからない。
等々の日本刀、刀剣の扱いそのものに関する質問にも丁寧にお答えいたします。

安心・納得の評価査定
 日本刀買取専門店ギャラリー北岡技芳堂では、迅速かつ正確な評価査定をさせて頂くため、鑑定歴30年以上のベテラン査定員2名による査定を行っております。

2015年3月23日

アートフェア東京2015 無事に終了いたしました。


アートフェア東京2015

岸本浩希展

〜移りゆく瞬間をとどめて〜

皆様ご来場、誠に有難う御座います。


2015年3月17日

銀製品を買取いたします。

■ご不要となりました銀製品の買取り、またはご家族が蒐集された銀の買取りなど売却を検討されていましたら名古屋大須の北岡技芳堂にお任せください。
■先代様の蒐集されたSV1000(純銀)、シルバーインゴット、SV925等のシルバー製品。

純銀製コイン・純銀製メダル・記念メダル、銀瓶等を初めてご処分を検討されるお客様はどういった業者にどの様に買取ってもらえるのか、どこから手をつけていいのかなど、ご不明な点が多いかと思われます。どんな小さなことでもご遠慮なくまずはお気軽にご相談ください。

■弊店ではお客様に不快な気持を抱いていただかない事を第一に心がけております。お電話でのご相談や銀など貴金属の買取りでお伺いした時のご商談などいかなる場合でも、お客様のご希望・ご要望を最優先にさせていただきながら、当店の精いっぱいのアドバイスをさせていただいた上で買い取りをさせていただいております。

■もちろん秘密厳守にて適正に高価買取させていただきます。ご質問だけでも大歓迎ですのでどうか安心してお電話・メールなどでお問い合わせください。

■銀製品の買取りは焦って決定する必要はございません。急いで勿体ないご処分をされてしまうケースも多々ございます。まづはご処分品の内容をお電話やメールなどでご連絡ください。

■お客様の大切なお品のご売却についてゆっくり、細かく、お客様が心からご納得いただけるまで時間をかけてじっくりご検討ください。

■銀の買取りは基本的には名古屋店で買取いたしております。ご来店による買取り査定の場合、担当者の出張等不在の場合もございます。お手数ですがあらかじめお電話等でご連絡をいただきますとスムーズにお取り引きが行えます。

■銀など貴金属の買取りは、お客様のご希望にできるだけそえる高価買取が可能となっております。現在多くのお客様より信頼をいただいております。遠近、品物の大小や多少にかかわらずまづはお気軽にお問い合わせください。











2015年3月16日

片岡球子の赤富士を買取いたします。

  • 片岡球子の赤富士を買取いたします。
  • 1905年北海道に生まれる。
  • 女子美術専門学校(現在の女子美術大学)日本画科高等科に入学。卒業後、横浜市立大岡小学校に奉職。以後30年間、教育に携わりながらも制作に励む。
  • 46年安田靫彦に入門する。
  • 66年愛知県立芸術大学が開校、日本画科主任教授となる。この年から〈面構〉〈富士〉両シリーズの制作を開始する。
  • 82年日本芸術院会員。
  • 86年文化功労者となる。
  • 89年文化勲章受章。
  • 2005年片岡球子百寿展が開催される。
  • 2008年逝去。












2015年3月14日

呉須染付花鳥文大皿

呉須染付花鳥文大皿

中国の江西・福建・広東地方の民窯で明末から清初にかけて焼かれた。

400年くらい前の中国の主要な輸出品



呉須染付大皿を買取いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。







2015年3月13日

鉄瓶を買取いたします。



鉄瓶と聞くと「扱いが難しい」「手入れが面倒」というイメージを持たれている方も多く、せっかく良い鉄瓶があるのに使用せずに仕舞ったままという話をよく耳にします。

ギャラリー北岡技芳堂では、鉄瓶の高価買取を行っております。鉄瓶で有名な所には龍文堂や亀文堂などがありますね。

鉄瓶はギャラリー北岡技芳堂でも頻繁にお買取りをさせて頂いているお品物です。
鉄瓶は水気を良く切って、しっかりと乾燥させておかないとすぐに錆びが出て、底に穴が開くなど状態が悪くなってしまいます。そうするとお買取りが難しい鉄瓶もございます。また変色やカケキズなども買取額に影響してきますので、なるべく大切に扱うこと、手入れを怠らないことが鉄瓶の高価買取にも繋がります。

高価買取となる鉄瓶は古い時代に作られた鉄瓶、有名作家の手掛けた鉄瓶、摘みや細工に金銀を用いている鉄瓶などが挙げられます。
また、どういった鉄瓶かということの他に、内部のサビや欠け傷など品物の状態も査定額に関わってきてしまいますので、ご売却をお考えの際はまず状態の確認を行いましょう。

良い鉄瓶ですと、多少状態が悪い場合でも高価買取となる場合もございますので、気になる鉄瓶がございましたら是非一度お問い合わせ下さい。もちろん鉄瓶ではなく、全体に金銀を用いた金瓶、銀瓶も高価買取を行っています。

代々受け継がれてきた鉄瓶で使用していない鉄瓶がございましたら、ギャラリー北岡技芳堂までご連絡下さい。

ギャラリー北岡技芳堂では金瓶、銀瓶の買取は勿論、鉄瓶の高価買取も行っています。










2015年3月10日

岸本浩希 日本画展 阪急うめだ本店 7階 美術画廊

個展のご案内

岸本浩希 日本画展

〜移りゆく瞬間をとどめて〜

会場:阪急うめだ本店 7階 美術画廊

日時:2015年4月29日(水・祝)〜5月5日(火・祝)

*催し最終日は午後6時終了




最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2