ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2012年12月17日

年末年始休業のお知らせ

平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記の期間を冬期休業とさせていただきます。
休業期間 12月29日(土)~1月6日(日)
休業期間中にいただきましたお問い合わせ等に関しましては、
2013年1月7日(月)以降、順次対応させていただきます。
絵画 骨董品 買取の北岡技芳堂
絵画・骨董品買取専門店による東海地方美術館情報
金銀プラチナ買取の北岡技芳堂
絵画の鑑定・買取の北岡技芳堂

2012年12月15日

風土をみつめる画家 向井潤吉

1901(明治34)京都~1995(平成7)東京 
向井潤吉は、昭和2年から渡仏しパリの美術学校で学ぶ、ルーブル美術館でアングルなど西洋古典画の名画の模写をして油彩技法の研究を行い、堅実な写実主義に自己の画風を定め、日本の自然描写を続けた。
民家を題材にしたのは敗戦後で、戦後の復興と高度経済成長の中、日本全国を旅して、失われていく風景、日本人の心の故郷ともいうべきを茅葺屋根の伝統的民家のある風景を生涯描き続ける。

題 冬小径
浜田美芽鑑定
≪向井潤吉の言葉≫
今後も私は、この仕事は飽くことなく続けて行く。
未知の土地は無限にあるし、同じ場所をやや時を経てから再び訪ねると思いがけぬ変化や、また季節の差異で新鮮な美しさに、感動を受ける場合がしばしばあるからである。ただ困るのは最近流行の観光とかレヂャーブームとやらで、ぢっくりと落ちついて仕事ができなくなったこと、そしてバスやトラックの激増で、道傍で描くことが益々むづかしくなって来たことである。  
絵画 骨董品 買取の北岡技芳堂
絵画・骨董品買取専門店による東海地方美術館情報
金銀プラチナ買取の北岡技芳堂
絵画の鑑定・買取の北岡技芳堂

2012年12月10日

レインボーカラーの靉謳(アイ・オー)作品

靉謳(アイ・オー)は、線で描く絵画を拒否し、引用したモチーフに赤から紫までの可視光線(スペクトル)を重ねる「虹」の作品を製作し、ヴェニス・ビエンナーレ(1966年)での発表等を経て、靉嘔は「虹のアーティスト」として国内外で知られるようになります。靉嘔の虹との格闘は、版画、絵画、インスタレーションと様々な形式により、現在まで続いています。

絵画 骨董品 買取の北岡技芳堂
絵画・骨董品買取専門店による東海地方美術館情報
金銀プラチナ買取の北岡技芳堂
絵画の鑑定・買取の北岡技芳堂

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram