ブログ アーカイブ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2014年4月23日

岡村智晴 岸本浩希 本地裕輔 新進気鋭3人展

■岡村智晴、岸本浩希、本地裕輔
■平成26年4月23日(水)~5月6日(火・振休) ※最終日は午後4時にて閉場いたします。  
■三重県津市 松菱百貨店6階美術画廊
【催しのご案内】
4月24日(木)・27日(日)の両日とも午前11時・午後3時より美術画廊にてギャラリートーク&コンサートを開催いたします。




皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。

2014年4月23日

ディスクオルゴール ポリフォン1890年代製

ディスクオルゴール ポリフォン1890年代製

ポリフォン社 (ドイツ ライプチヒ)
グスタフ ブラッハウゼンとパウル リスナーがシンフォニオン社から独立し、1887年に創業。急速に社業が発展し最終的には従業員が1000人に達する大会社になります。16.5㎝から80.0㎝まで14種類のディスクを作り、それに適合する多種類のオルゴールを販売しましたが、1914年第一次世界大戦勃発の年にオルゴールのビジネスを終了します。レジーナ社、シンフォニオン社と共にオルゴールの三大メーカーといわれています。

2014年4月23日

"Trim " 新進気鋭日本画3人展

岡村智晴 岸本浩希 本地裕輔 新進気鋭3人展
【展示のご案内】
本日4月23日より、三重県津市豊田 松菱百貨店にて日本画3人展を開催しております。
お近くにお越しの際はお立ち寄り頂ければ幸いです。

“Trim ”
Trim(トリム)は3つの意味を持ちます。
3人の先生方を表すにふさわしい言葉です。
「切り取る」一瞬を切り取り・再現した画面と対峙すると、見過ごしてきた何かを思いお起こします。
「飾る」トリミング・縁飾り。
その作品は決して強く主張する訳ではないのですが、穏やかにときに力強く日常を彩ります。
「調子がいい」三者三様の色を出しつつ鮮やかに輝く先生方。
ひたむきに日本画としての路を、煌めきながら進んでいます。
ひぜお越しください。
■平成26年4月23日(水)~5月6日(火・振休) 
※最終日は午後4時にて閉場いたします。  
■岡村智晴、岸本浩希、本地裕輔
三重県津市 松菱百貨店6階美術画廊
【催しのご案内】
4月24日(木)・27日(日)の両日とも午前11時・午後3時より美術画廊にてギャラリートーク&コンサートを開催いたします。
http://www.tsu-matsubishi.co.jp/php/gallery

2014年4月16日

李朝 瑠璃秞 徳利

李朝 瑠璃秞 徳利
鈴蘭を活けました。
とても品があります。
李朝 瑠璃秞 徳利 18世紀
李朝分院窯の瑠璃は伊万里焼の瑠璃とは、釉調も造形も異なる趣があります。技術的に完璧な伊万里焼に対して、分院窯のそれは技術を超越し、そこはかとない風韻が漂っています。この徳利に見る通り、あたかも染付ではないかと思われるような施釉が、独特の暈しによって余韻を生み出しています。

2014年4月15日

鬼頭道恭筆 見真大師御繪傳(親鸞聖人御絵伝)

鬼頭道恭筆
見真大師御繪傳(親鸞聖人御絵伝)

双幅の掛軸になっております。





一斎 源 道恭敬写 と書かれております。
1840(天保11)-1904(明治37)
名古屋本町に生まれる。一斎 通称は玉三郎。初め、森高雅に師事。後に京都で仏画を北村季隆に、冷泉為恭(岡田為恭)に土佐派を学ぶ。尾張の仏画の第一人者。身延山久遠寺六角堂内の装飾絵を完成した。天保11年名古屋本町に生まれる。長男は道周、次男は鬼頭如石。

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル

お知らせ

北岡技芳堂Instagram