松尾芭蕉 笈の小文の俳句三種 | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2019年1月12日

松尾芭蕉 笈の小文の俳句三種

松尾芭蕉

笈の小文の俳句三種

京まではまだ半空(なかぞら)や雪の雲

星崎の 闇を見よとや 啼千鳥

磨(とぎ)直す鏡も清し雪の花

尾張付近の俳句で身近に感じます。

岩波書店 芭蕉全図譜 掲載

西行の和歌における、宗祇の連歌における、雪舟の絵における、利休が茶における、其貫道する物は一なり。という文章が有名ですね。

 

 

 

掛軸の作品を強化買取中です。

掛軸の売却を検討されています方はご気軽にお問い合わせしてください。

高価格にて買取いたします。

どんな掛軸でも先ずはご連絡をしてください。

 

 

お問い合わせ先

ギャラリー 北岡技芳堂

〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
TEL:052-251-5515

 

 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2