鶏龍山刷毛目茶碗を買取りました。 | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2020年11月24日

鶏龍山刷毛目茶碗を買取りました。

鶏龍山刷毛目茶碗
小堀宗明箱
 
 
窯場で拾い集め、足らない箇所は違う破片を上手に継ぎ合わせ、長年大切に使われてきたのでしょうか。
ニュウにお茶が染み込み、割れたところがかえって味わい深く、わびしい風情があります。
風炉から炉に移る少し前のこの時期に、お茶の世界では名残の茶事というものが行われます。
11月の新しいお茶の口切りを前に、茶壺に残るお茶の名残を惜しむお席です。
 
 
 
 
 
 
それに合わせて取り合わせるお道具もすべて控えめに、豪華にならないようにすべきであるとされています。
例えば、障子は継ぎ張りのまま、風炉もやつれ風炉に、お花ももちろん残花を生けます。
 
 
 
 
 
 
 
そして茶碗は呼び継ぎ(欠けた部分に他の破片を継ぎ足したもの。)や、金継の景色が趣き深いものを取り合わせるのもよいと言われます。
今回はそんな、今の季節にちょうど良い金継の茶碗をご紹介いたしました。
 
 
 
 
 
お茶碗をたくさん買取いたしております。
 
様々な古陶磁を買取いたしております。

古美術、茶道具、骨董品などどんなことでもご相談ください。

 
ご連絡お待ちいたしております。
 
 
 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2