いい感じの唐物青貝薄茶器 | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2019年2月11日

いい感じの唐物青貝薄茶器

唐物青貝薄茶器

古い箱に入っている時代のある螺鈿の茶器。

感じが良く好きな感じの螺鈿です。

上手いこと取り合わせて使いたい。

 

 

 

螺鈿(らでん)は、主に漆器などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。

貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。

螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。
使用される貝は、ヤコウガイ(夜光貝)、シロチョウガイ(白蝶貝)、クロチョウガイ(黒蝶貝)、カワシンジュガイ(青貝)、アワビ、アコヤガイなどが使われる。

 

茶道具の買取を致しております。特に唐物(中国物)が現在人気です。売却を検討されてます方はご連絡ください。

高価格にて買取致します。

 

 

 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2