青木繁の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

青木繁 高価買取いたします

青木繁先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

青木繁(あおきしげる)

1882年 旧有馬藩士青木廉吾の長男として、福岡県久留米市に生まれる。
幼年時代、代言人であった父は仕事のため留守がちで、かわって母方の祖父よりきびしくしつけられたという。

1895年 もと藩校であった中学明善校に入学、この頃より文学や絵画に親しむ。ことに絵画は、高等小学校で同級であった坂本繁二郎らとともに、久留米在住の洋画家森三美(みよし)に手ほどきをうけた。

1899年 画家を志望して中学を退学、上京して不同舎に入門。
翌年、束京美術学校西洋画科に入学。入学後、上野の図書館にしきりに通い読書にふけり、これによって自らの文学的、ロマン主義的な資質を深めていった。

1903年 白馬会第8回展に《黄泉比良坂》、《闍威弥尼(じゃいみに)》など、神話、伝説に取材した水彩や色鉛筆による画稿十数枚を出品した。
第1回の白馬会賞を《黄泉比良坂》で受賞。

1904年 7月同佼を卒業、その後2カ月間ほど友人の森田恒友、坂本繁二郎、愛人福田たねとともに房州布良に滞在した。《海の幸》制作。

1905年 白馬会第9回展に《海の幸》出品。一躍世評を高めた。
この頃から詩人蒲原有明との交友がはじまり、彼の詩集『春鳥集』の挿絵を制作。

1907年 流浪のはて栃木県の福田たねの実家に寄寓、《わだつみのいろこの宮》制作。
東京府勧業博覧会に出品したが、審査結果は三等最末席。父が歿したため帰郷。

1908年 《漁夫晩帰》、《秋声》などを制作、

1908年 《秋声》を第3回文展に出品するが落選。

1910年 10月喀血し、福岡松浦病院に入院。

1911年 失意のまま3月に歿した。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram