鏑木清方の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

鏑木清方 高価買取いたします

鏑木清方先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

鏑木清方(かぶらぎきよかた)

1878年 東京神田生まれ。本名健一。『東京日日新聞』(現・毎日新聞)の創始者の一人で『やまと新聞』の創刊者でもあり、戯作者や劇評家などの優れた文人の條野採菊を父として生まれる。父・條野採菊の影響を受け、幼い頃から文芸に親しんで育つ
1891年 浮世絵の流れを汲む挿絵画家・水野年方に入門
1893年 師の年方から「方」の号を授けられる
1895年 母方の家督を継ぎ、鏑木姓となる
1894年 父が社長を務める『やまと新聞』の挿絵を担当
1897年 『東北新聞』の挿絵を担当
1901年 都築真琴・池田輝方らと「烏合会」を結成。泉鏡花の著書『三枚續』の口絵と装幀を依頼される、以後泉鏡花と親交を結ぶ
1903年 文芸界をリードした雑誌『文藝倶樂部』の口絵を担当
1915年 伊東深水、寺島紫明らにより、『郷土会』が結成される。第9回文展で≪霽れゆく村雨≫が最高賞を受賞
1916年 平福百穂、松岡映丘、結城素明、吉川霊華と共に「金鈴社」を結成
1919年 第1回帝国美術院展(帝展)の審査員を務める
1926年 牛込矢来町に転居
1927年 第8回帝展に『築地明石町』を出品。帝国美術院賞を受賞
1930年 第11回帝展に『三遊亭圓朝像』を出品
1937年 帝国芸術院設置に伴い、帝国芸術院会員となる
1944年 帝室技芸員に任命される
1945年 矢来町の自宅、戦火により焼失。鎌倉材木座に転居
1946年 第1回日本美術展覧会の審査員を務める
1954年 文化勲章を受章する。鎌倉雪ノ下に転居
1972年 逝去。享年93歳
2003年 三遊亭圓朝像が重要文化財に指定される

西の松園、東の清方」と称され、その美人画においても名を知られているが、その一方で江戸の風情を残す東京・下町の人々の日常生活を好んで描き、深い文学的素養を基に、細やかな眼差しと情感あふれる清らかな作風によって、凛とした厳しさと高い気品をもった作品を多く描いた。代表作に≪一葉女史の墓≫(1902)・≪築地明石町≫(1927)・≪にごりえ≫(1934)など。すぐれた随筆家としても知られ、回想記『こしかたの記』などの著作がある。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram