藤田嗣治の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

藤田嗣治 高価買取いたします

藤田嗣治先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

藤田嗣治(ふじたつぐはる)

1886年  当時陸軍一等軍医で後に陸軍軍医総監となる藤田嗣章の次男第四子として東京市牛込区新小川町に生まれる。

1893年  東京高等師範学校付属小学校に入学。

1900年   東京高等師範学校付属中学校に入学。

1905年  留学を考えるが父の上司森鴎外の助言で東京美術学校予備科・西洋画科に入学。

1907年  精勤賞を受ける。

1910年  東京美術学校西洋画科本科を卒業。
白馬会第13回絵画展覧会に「山より」「女」が入選。
和田英作教授の助手として帝国劇場の壁画や背景の制作を手伝う。
この頃から3年続けて当時の文展に出品したが、3回とも落選。

1911年  東京勧業展覧会に「青梅」「山家」「上野原」「駅」出品。

1912年   第2回東京勧業博覧会に「午後の日」「宿裏」を出品。
光風会第1回絵画展覧会に「清水湾」「帝国劇場」「南国」が入選。

1913年  新婚の妻とみ(鴇田登美子)を残し、門司から日本郵船三島丸で渡仏。
モディリアーニ、スーチンと出会う。

1914年  第1次世界大戦で父からの送金が途絶え、窮乏生活をする。モディリアーニとの交友時代。

1915年  最初の個展を開く。

1917年  フェルナンド・バレーと結婚。シェロン画廊と契約、シェロン画廊で個展を開く。
ピカソの友人である批評家、アンドレ・サルモンが目録に序文を書く。

1918年  シェロン画廊で2回目の個展。この頃からフジタの名が広まる。
『 花を持つ少女 』『 パリ風景 』『 巴里風景 』『 二人の子供と鳥籠 』『 聖誕於巴里 』

1919年  サロン・ドートンヌに初出品。6点すべてが入選し、会員に推挙される。

1920年  裸婦をサロンに出品。「深い白」と呼ばれる乳白色のマティエールが注目を浴びる。

1921年  サロン・ドートンヌノ審査員に推挙される。モンパルナスの女王キキを描いた裸婦が大評判になる。
その独自の技法は「素晴らしい白地」と称され、画家としての地位を確立。

1923年  サロン・ドートンヌ第16回展に「五人の裸婦」を出品。
サロン・デ・テュイルリーの会員となる。
『 五人の裸婦 』『 室内(妻と私) 』『 人形を抱く少女 』『 裸婦と猫 』

1924年  第5回帝展委員。帝展に「静物」を出品。『 動物群 』

1925年  レジオン・ドヌール5等勲章を受ける。ベルギーのレオポルド勲章を受ける。
日仏芸術社主催第二次フランス現代美術展に油絵3点のほか版画を出品。
『 舞踏会の前 』

1926年  サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員となる。
『 アンナ・ド・ノアイユの肖像 』

1927年  銅版画1点がルーブル美術館に収められる。

1929年  三人目の妻ユキ(リュシー・バドゥー)と17年ぶりに帰国。
朝日新聞東京本社で個展。

1930年  パリに戻る。ニューヨークに渡って個展開き、グリニッチ・ビレッジにアトリエを借りて3ヶ月間制作、さらにシカゴに1ヶ月滞在する。
世界大恐慌で美術市場は低迷。ユキとも離別することになる。

1931年  四人目の妻になるマドレーヌ・ルクーを伴い、個展のため米国ブラジルへ旅行、南米、キューバなど中南米各国をまわる。キューバで大成功を得る。

1932年  アルゼンチンに入りさらにボリビア、ペルー、チューバなどを回りメキシコに着き7ヶ月滞在する。

1933年  ニューメキシコ、アリゾナからカリフォルニアに渡って4ヶ月を過す。
秋に日本に帰る。個展や二科展などで旺盛な作画活動をする。

1934年  日動画廊で個展。二科会会員に推挙される。
大礼記念京都美術館開館記念京都市美術展にメキシコ」を出品。
第21回二科美術展覧会に「メキシコのマドレーヌ」「町芸人」「カーニバルの後」など27点を特別陳列

1935年  大阪の十合百貨店特別食堂に壁画を制作。銀座の喫茶店コロンバンに天井画を制作。

1936年  6月マドレーヌ急死。 12月堀内君代と結婚。

1937年  平野政吉氏の米蔵(秋田市旧下米町1丁目)内で大壁画《秋田の行事》
(縦365×横2050cm油彩キャンバス5枚)を完成。横光利一原作「旅愁」の挿絵を東京朝日新聞に連載。麹町下六番町に京風の純日本式住宅を新築。
「自画像」がパリの国立近代美術館に収められる。

1938年  沖縄に遊ぶ。琉球作品発表展に「海辺の墓」「琉球の女」など20余点を出品。
このころから戦争画を描きはじめる。

1939年  4月渡仏。大戦中に報道画家として前線に派遣される。

1940年  第二次大戦勃発とともに帰国。大戦中、報道画家として前線に派遣される。

1941年  良き理解者であった父嗣章が死去する。12月太平洋戦争はじまる。
帝国芸術院、国際文化振興会から文化使節として仏印に派遣される。

1943年  昭和17年度朝日文化賞を受ける。

1945年  疎開先で終戦を迎える。美術界での戦争責任の追及がはじまる。

1947年  ニューヨークのケネディ画廊で近作の展覧会が開催、好評を博する。

1949年  渡米、フランス入国の許可を受ける。N.Y.51番街の画廊で近作を開催する。

1950年  パリに戻り、戦後第1回目の個展を開く。

1955年  フランス国籍取得。

1957年  レジォン・ドヌール勲章を再び授与される。

1958年  ベルギーローヤルアカデミー会員となる。

1959年  カトリックの洗礼を受ける。洗礼名はレオナルド。

1961年  パリ郊外ヴィリエ・ル・バクルに転居。

1966年  ルネ・ラルー(シャンパン会社経営)の支援を受け、2年間の準備をし、ランスに設計からフレスコ壁画、ステンドグラスまでを手がけた礼拝堂ノートルダム・ド・ラペ(平和の聖母)礼拝堂が完成。
ランス市立美術館となる。第2回近代日本洋画名作展に出品。発病。

1968年  1月29日、スイスのチューリッヒの病院で病死。81歳。
フランスのランスに自らつくった礼拝堂に眠る。フランスで没。
勲一等瑞宝章を贈られる。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル

お知らせ

北岡技芳堂Instagram