藤島武二の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

藤島武二 高価買取いたします

藤島武二先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

藤島武二(ふじしまたけじ)

1867年 9月18日、薩摩藩藤島賢方、たけ子の三男として生まれる。
幼名猶熊。幼年時代から画才を発揮。北斎漫画や油絵を模写する。

1882年 四条派の日本画家平山東岳に学ぶ。

1884年 洋楽を学ぶために上京するが1年ほどで帰郷。

1885年 上京し、川端玉章に入門。玉堂と号する。

1886年 日本画研鑚のかたわら東京仏欄西語学校に入学、フランス語を学ぶ。

1890年 洋画に転向。曽山幸彦、中丸精十郎、松岡寿に指導を請う。

1891年 生巧館付属画学校に通う。明治美術会に入会。

1893年 三重県尋常中学校助教諭となり、津に赴任。明治美術会第5回展に「桜狩」を発表。

1896年 白馬会創立にともない会員となる。東京美術学校の西洋画科新設に際し、黒田清輝の推薦で同科助教授に任命される。

1901年 雑誌『明星』の表紙を担当する。カットや挿絵の製作を含めて6年ほど継続。

1902年 白馬会第7回展に「天平の面影」を発表。

1904年 白馬会第9回展に「蝶」を発表。

1905年 文部省から絵画研究のため4年間のフランス、イタリア留学を命じられ渡欧。

1906年 私立アカデミー・グランド・ショーミエールと国立美術学校の専科に学ぶ。
国立美術学校ではフェルナン・コルモンの指導を受ける。

1907年 ベルギー、オランダ、ドイツ、イギリスを巡り、各美術館を訪れる。

1908年 イタリアに移り、ローマでフランス・アカデミー院長のエミール・オーギュスト・カロリス=デゥランの指導を受ける。スイス旅行中、ローマに残しておいた作品の大半が盗難にあう。

1910年 帰国。東京美術学校教授となる。

1912年 岡田三郎助とともに本郷洋画研究所を設立。

1913年 川端絵画研究所の洋画部新設に伴い、その指導を行う。

1918年 東京美術学校の改革に伴い、「藤島教室」が生まれる。

1924年 第5回帝展に「東洋振り」を出展。

1926年 東京府美術館開館を記念する第1回聖徳太子奉讃美術展に「芳恵」を発表。
光風会展に ≪扇を持てる女≫を出品。

1928年 貞明皇后より御学問所を飾る油絵制作の御下令を受ける。

1929年 第10回帝展に「風景(淡路島遠望)」を発表。

1932年 第13回帝展に「大王岬に打ち寄せる怒涛」を発表。

1935年 第10回朝鮮美術展審査員として朝鮮に赴く。文部省の帝国美術院改組に対して帝展不開催論を新聞に発表。室戸岬に赴き、台湾を再訪する。

1936年 第1回新制作派協会展に「朝陽(東海旭光)」など5点を協賛出品する。

1937年 岡田三郎助、横山大観、竹内栖鳳とともに第1回文化勲章受章者となる。
冬の蔵王を写生旅行する。 「旭日照六合」を完成。

1938年 第1回満州国美術展覧会の審査相談役として新京に赴く。
第2回文展に「耕到天」を発表。

1939年 第1回聖戦美術展に「蘇州河激戦の跡」を発表。東京美術学校油画科主任となる。

1942年 第7回新制作派協会展に「黒扇」「チャチャラ」など滞欧期の作品を特別出品。

1943年 3月19日、脳溢血のため本郷の自宅にて死去。享年75才。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル

お知らせ

北岡技芳堂Instagram