武者小路実篤の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

武者小路実篤 高価買取いたします

武者小路実篤先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

武者小路実篤(むしゃこうじさねあつ)

1885~1976年

1885年5月12日
父・子爵武者小路実世、母・秋子(勘解由小路家)の8番目の末子として東京市麹町区元園町1-38(現:東京都千代田区一番町19-4)に誕生。

1887年02歳 父・実世35歳の若さで死去。

1891年06歳 学習院初等学科入学。

1902年17歳 中等学科6年に進む。志賀直哉と同級。

1903年18歳 学習院高等学科入学。トルストイ、また聖書、仏典などに強い興味を示す。

1906年21歳 学習院高等学科を卒業、東京帝国大学文科大学哲学科社会学専修に入学。

1907年22歳 志賀直哉・正親町公和・木下利玄と文学研究会《十四日会》をつくる。

1908年23歳 処女作品集『荒野』を自費出版。

1910年25歳 志賀直哉、有島武郎、有島生馬、、柳宗悦らと『白樺』を創刊。

1911年26歳 白樺同人からロダンへ浮世絵30枚を送る。その御礼に贈られたブロンズ彫刻3点が届く。岸田劉生が訪問、交友が始まる。

1913年28歳 竹尾房子と結婚。

1914年29歳 生家を出て、麹町区下二番町58に家を借りる。

1915年30歳 戯曲「その妹」を『白樺』に発表。

1916年31歳 志賀直哉・柳宗悦が住む我孫子(東葛飾郡富勢村根戸字船戸1090)に転居。

1917年32歳 『白樺』10月号で日本最初の西洋近代美術の美術館設立を提唱。

1918年33歳 『白樺』と『大阪毎日新聞』などで新しき村の創設を提唱。
雑誌『新しき村』を創刊。
宮崎県児湯郡木城村大字石河内字城に「新しき村」を創設。

1919年34歳 小説「幸福者」を『白樺』に5回連載(~6月)。
小説「友情」を『大阪毎日新聞』に48回連載(~12月)。

1921年36歳 「白樺美術館第一回展覧会」を開催。
セザンヌ「風景」、ゴッホ「向日葵」等が公開。
自伝小説「或る男」を『改造』に19回連載(~大正12年11月)。

1922年37歳 房子と離婚。前年新しき村に入村した飯河安子と結婚。

1923年38歳 関東大震災。母は無事だったが生家が焼失。『白樺』は終刊となる。
長女・新子誕生。

1925年40歳 次女・妙子誕生。
新しき村を離村、志賀直哉が住む奈良に移る。

1926年41歳 戯曲「愛慾」を『改造』に発表。7月 「愛慾」が築地小劇場で上演される。

1927年42歳 東京府南葛飾郡小岩村(現葛飾区)に転居。
『大調和』を創刊(~昭和3年10月)。

1928年43歳 母・秋子(なるこ)死去。三女・辰子誕生。
個人雑誌『獨立人』を創刊(~昭和5年6月)。

1929年44歳 最初の個展を日本橋・丸善で開催。
神田猿楽町に実篤個人経営の美術品販売と出版の店『日向堂』を開設。

1936年51歳 横浜から欧米旅行に出発。各地で美術館と画家を歴訪。12月12日帰国。

1938年53歳 『人生論』を岩波新書のために書き下ろしで岩波書店より出版。

1939年54歳 小説「愛と死」を『日本評論』に発表。
埼玉県入間郡毛呂山町葛貫に東の村(新しき村)を創設。

1940年55歳 三鷹市牟礼490に転居。

1946年61歳 公職追放令G項該当者に指名され、貴族院議員、芸術院会員を辞任。

1948年63歳 新しき村を財団法人とし、実篤は理事長となる。
志賀直哉、長与善郎、安倍能成らと共に『心』を創刊(~昭和56年8月)。

1949年64歳 小説「真理先生」を『心』に22回連載(~昭和25年12月)。
「武者小路実篤個展」を日本橋・壷中居で開催。

1951年66歳 公職追放解除。 文化勲章を受章。

1955年70歳 妻・安子と二人で、調布市入間町荻野468(現:若葉町1-23-20)に移る。

1958年73歳 「新しき村40周年記念祭」を九段会館で開催。

1962年77歳 「大調和展」の復活第一回展を上野・東京都美術館で開催。
実篤は会長となり、以後、毎年出品。

1963年78歳 実篤原作のNHK連続テレビ小説「あかつき」が1年間、放映。

1965年80歳 東京都より名誉都民称号を贈られる。文壇画壇・出版界有志の発起による満80歳祝賀会が、上野精養軒で開催される。
80歳を機に、以後、書画への署名を常用漢字に改め、満年齢を書き添えることとする。

1967年82歳 小説「一人の男」を『新潮』に45回連載(~昭和45年12月)。
「私の美術遍歴」を『うえの』に79回連載(~昭和50年3月)。

1968年83歳 新しき村50周年祭を文京公会堂で開催。自作の詩を朗読する。

1971年86歳 志賀直哉死去。「或る老画家」50枚を『新潮』に発表。これが最後の小説。

1974年89歳 「蔬菜図」(油彩)を描く、本作品が絶筆。

1976年(昭和51)実篤死去、享年90歳。安子死去。享年75歳。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram