橋本雅邦の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

橋本雅邦 高価買取いたします

橋本雅邦先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

橋本雅邦(はしもとがほう)

1835年 父の橋本晴園養邦は川越藩松平周防守の御用絵師であり、木挽町狩野家の高弟であった。同家の邸内に一家を構えていたために雅邦はこの木挽町狩野家の邸内に生まれる。幼名は千太郎。

1840年 実父橋本晴園養邦より狩野派の手ほどきを受ける。

1847年 狩野栄信(伊川院)に入門するが栄信はこの一月後に没したため、その後継者である狩野雅信(勝川院)に入門。同日に狩野芳崖も入門。

1854年 生涯の親友狩野芳崖と共に塾頭。共に狩野勝川門下の二神足と称される。

1860年 雅邦の号をもらって独立、とめ子と結婚、生活に困窮。

1867年 市中騒乱で妻は精神病となる。

1873年 海軍兵学校図学教官。

1879年 妻死去。

1882年 第一回内国共進会で「琴棋書画」など銀印受賞。

1884年 フェノロサ、岡倉天心の「鑑画会」創立に参加。

1888年 フェノロサ・岡倉天心の指揮下で芳崖と共に東京美術学校の発足に向けて準備を進めるが、開校を目前に芳崖は死去、その絶筆である《悲母観音》の仕上げを任された。
東京美術学校初代日本画担当。下村観山や横山大観、菱田春草、川合玉堂、寺崎広業らを指導。

1890年 初代帝室技芸員に任命、第3回内国博覧会で「白雲紅樹」妙技一等賞。

1898年 岡倉天心に殉じ東京美術学校を辞職、「日本美術院」を創立し主幹となる。

1903年 川合玉堂と「二葉会」を創立。

1908年 歿。

他に長卿,秋園,十雁斎,酔月画生,勝園雅邦 の号あり。

まずはお問い合わせ

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取対象

※官公庁、各企業の美術品査定実績ございます

橋本雅邦までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で掛軸を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

名古屋から全国出張買取受付中

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 日本画・洋画・版画・コンテンポラリーアートなど絵画をはじめ、あらゆる美術品を買取りいたします。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の絵画の買取り、先代様蒐集の絵画の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業70年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2