川端龍子の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

川端龍子 高価買取いたします

川端龍子先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

川端龍子(かわばたりゅうし)

1885(明治18年)〜1966(昭和41年) 本名は昇太郎。 異母弟は俳人の川端茅舎(ぼうしゃ)。龍子自身も「ホトトギス」同人の俳人でもあった。

1885(明治18) 和歌山県和歌山市の呉服商「俵屋」の長男として生まれる
1895(明治28) 家族とともに上京。初め浅草に、後、日本橋に移る
1903(明治36) 読売新聞の挿絵募集に入選。油絵を学びながら、しばらく挿絵の仕事を続ける
1904(明治37) 水彩を学び白馬会絵画研究所に入る
1906(明治39) 太平洋画会研究所に入り本格的に油彩を学ぶ
1907(明治40) 国民新聞社に入社。第1回文展に初入選
1913(大正02) 渡米。ボストン美術館で見た日本美術に感銘を受け、帰国後は日本画に転向
1915(大正04) 第2回日本美術院展初入選。平福百穂らと「珊瑚会」を結成
1916(大正05) 第3回院展、樗牛賞受賞
1917(大正06) 第4回院展入選。速水御舟等と日本美術院同人に推挙される
1920(大正09) 新井宿に住居と画室を新築
1928(昭和03) 日本美術院同人を辞退。院展を脱退
1929(昭和04) 青龍社樹立宣言。第1回展開催
1931(昭和06) 朝日賞を受賞
1937(昭和12) 帝国芸術院会員に任命されたが4日後に辞退
1940(昭和15) 満州国新京美術院長に就任
1950(昭和25) 四国遍路に赴く
1955(昭和30) 古稀記念第1回龍子の歩み展開催。第1回大観・玉堂・龍子展開催
1958(昭和33) 青龍社30周年記念第2回龍子の歩み展開催。第29回ヴェネチア・ビエンナーレ展に出品
1959(昭和34) 文化勲章受章
1962(昭和37) 喜寿記念第3回龍子の歩み展開催
1963(昭和38) 龍子記念館開館
1966(昭和41) 池上本門寺祖師堂天井画「龍」制作。4月10日死去。享年80歳。従三位に叙せられる。大作主義を標榜し、大画面の豪放な屏風画を得意とし、大正〜昭和戦前の日本画壇においては異色の存在であった

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram