宮本三郎の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

宮本三郎 高価買取いたします

宮本三郎先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

宮本三郎(みやもとさぶろう)

1905年 5月23日石川県能美郡末佐美村字松崎(現小松市松崎町)に生まれる。

1918年 13歳 石川県立小松中学校(現石川県立小松高等学校)に入学。

1920年 15歳 画家を志して小松中学校を中退、神戸に出る。

1922年 17歳 上京し、川端画学校に通い、藤島武二らの指導を受ける。

1923年 18歳 光風会展に初入選。

1927年 22歳 第14回二科展で《白き壺の花》が初入選。以後、入選を重ねる。

1928年 23歳 遠藤文枝と結婚。

1931年 26歳 第3回鉦人社展に出品。

1932年 27歳 二科展会友に推挙される。
第4回新美術家協会展に《レヴイユーの女達》などを出品。

1934年 29歳 第21回二科展に《裸婦》《家族席》《海女》を出品。
初個展・宮本三郎油絵素描展を開催。

1935年 30歳 世田谷区玉川奥沢町(現・世田谷区奥沢)に新居を構える。
第7回新美術家協会展に《裸女結髪》《赤のクッション》などを出品。
東京府美術館開館十周年記念現代総合美術展に《観客席》を出品。
第22回二科展に《婦女三容》《青い敷物》などを出品。

1936年 31歳 岸田國士の小説「雙面神」の挿絵を描く。二科会会員に推挙される。

1937年 32歳 田村孝之助らとグループ・朱玄会を結成。

1938年 33歳 第1回朱玄会展に《花と女》《静物》などを出品。
新美術家協会10周年記念展に《赤い背景》《青い敷物》を賛助出品。

1938年 33歳 渡欧し、パリのアカデミー・ランソンに籍を置く。(1939年帰国)

1940年 35歳 二科展に滞欧作を特別陳列する。
陸軍省嘱託として戦争記録画制作のため、中国に赴く。
第3回朱玄会展に《エトルタ風景》《少女像》など滞欧作を出品。

1942年 37歳 戦争記録画制作のため、南方(タイ・マレーなど)に従軍。
第29回二科展に《マライの子供》ほかを出品。
12月、第1回大東亜戦争美術展覧会で《山下、パーシバル両司令官会見図》《香港ニコルソン附近の激戦》が特別陳列される

1943年 38歳 4月、《山下、パーシバル両司令官会見図》が帝国芸術院賞を受賞。
9月、初の著書『宮本三郎南方従軍画集』が刊行される。,br>
第2回大東亜戦争美術展で《海軍落下傘部隊メナド奇襲》などが展示される。

1944年 39歳 《海軍落下傘部隊メナド奇襲》に対し、朝日文化賞が贈られる。
7月、石川県小松市に疎開。

1945年 40歳 石川県美川町字湊町に居を移し、終戦を迎える。
10月(財)石川県美術文化協会が設立され、評議員・企画委員に就任。

1946年 41歳 金澤美術工藝専門学校(現・金沢美術工芸大学)油絵科講師に就任。
壁画《日本の四季》(6面)を完成する。

1947年 42歳 4月、旧二科会会員の熊谷守一、田村孝之介ら9名と第二紀会を創立。
9月、第二紀会第1回展(=以下、二紀展)に《清流》などを出品

1948年 43歳 2月、金沢美術工芸専門学校教授に就任。
5月、疎開先より東京都世田谷区玉川奥沢町の自宅に戻る。

1949年 44歳 6月、設立に尽力した日本美術家連盟が創立し、洋画部委員に就任。
二紀展に《寝たる裸婦》《金魚と裸婦》ほかを出品。

1950年 45歳 5月、金沢美術工芸専門学校教授を辞任。mn  455で23134w12222u第1回選抜秀作美術展に《裸婦》を出品。
二紀展に《裸婦A》《裸婦B》などを出品。

1951年 46歳 第1回サンパウロ・ビエンナーレに出品。

1952年 47歳 再渡欧。イタリア、フランス、スペイン、ギリシアなどで制作。

1953年 48歳 帰国後の4月、多摩美術大学絵画科教授に就任。
第2回日本国際美術展に招待出品。
二紀展に《トレドの道》《シャルトルにて》などを出品。
宮本三郎滞欧作品展を開催

1954年 49歳 6月、石川県繊維会館に壁画《産業と文化》完成。
第1回現代日本美術展に《画室の裸婦》出品。

1955年 50歳 東京教育大学教育学部芸術科の非常勤講師に就任。(1964年3月まで)
二紀展に《人間群像》を出品。

1956年 51歳 二紀展に《家族》《箱根》出品。

1957年 52歳 安井賞の選考委員に就任。(1974年まで務める)
宮本三郎素描展 舞妓 を開催。
《裸婦》《農夫》《薪を運ぶ人》を二紀展に出品。

1958年 53歳 4月、日本美術家連盟理事長に就任。(翌年、社団法人化)
《乳牛》《山羊》《阿修羅》などを二紀展に出品。

1959年 54歳 日本美術家連盟が美術家会館の建設を決議、委員長に就任。
7月、金沢駅コンコースの壁画《加賀獅子》の除幕式が行われる。
《流水(手取川)》などを二紀展に出品。

1960年 55歳 国際造形芸術家連盟(IAA)の日本国内委員長に就任。
宮本三郎素描展を開催。二紀展に《水》《紅衣》《白衣》を出品。

1961年 56歳 15周年記念二紀展に《立っている女》《黒い髪》などを出品。

1962年 57歳 《盛夏山湖》《裸婦A》《裸婦B》を二紀展に出品。

1963年 58歳 第7回日本国際美術展に《歌手》を招待出品。

1964年 59歳 9月、国立競技場にモザイク壁画の除幕式が行われる(原画を制作)。

1965年 60歳 第8回日本国際美術展に《歓喜》出品。
二紀展に《不忍夜曲》《化粧室の裸婦》を出品。
日動サロンで自選による55点を出品の宮本三郎展を開催。

1966年 61歳 日本芸術院会員となる。3月、多摩美術大学教授を辞任。

1967年 62歳 二紀会が社団法人に認可され、初代理事長に就任。

1968年 63歳 第8回現代日本美術展に《赤い敷物》《蘭花》を招待出品。
二紀展に《更紗の前》《花のカリアチード》を出品。

1969年 64歳 宮本三郎 花・裸婦・舞妓展を開催。
二紀展に《浴女》《裸女達に捧ぐ》を出品。

1970年 65歳 《レ・トロワ・グラース》《浴泉》を二紀展に出品。

1971年 66歳 7月、金沢美術工芸大学名誉教授に就任。
宮本三郎作品展<花と裸婦 女神たちの復活>を開催。

1972年 67歳 二紀展に《VENUS ANADYOMENE(三部作のうちその2)》《女優》を出品。

1973年 68歳 胃の手術のために入院、手術を受ける。
二紀展に《SALOME》《牧歌(三部作其三)》を出品。

1974年 69歳 10月13日、逝去。遺作《假眠》を二紀展に出品。

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram