古賀春江の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

古賀春江 高価買取いたします

古賀春江先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

古賀春江(こがはるえ)

1985年 福岡県久留米市に善福寺住職の長男として生まる。幼名は亀雄(よしお)。

1902年 尋常小学校入学。幼時より絵画を好み、人中に出るを好まず。

1912年 中学3年の時、洋画研究のため退学を希望し容れられず故意に学則を犯し退学す。
上京を許されて「太平洋画会研究所」に入る。短歌、長詩をこの頃より作りスケッチブックは絵よりもこれらのものに埋められる。

1913年 日本水彩画研究所に入り、石井柏亭に師事。
第11回太平洋画会展に水彩画1点初入選。坂本繁二郎と知り合う。

1914年 同郷で同居中の画友の藤田謙徳氏自殺す。親友を失い精神的激動をうけて懐疑的となる。

松田諦晶、坂本繁二郎が顧問の来目会展(第1回)に水彩画11点を出品。

1915年 僧籍に入り、本名の亀雄を良晶と改名、呼名を春江とする

1916年 7月帰郷し父の逝去に逢う。11月、月岡好江と結婚。

1917年 9月、第4回二科会展に「鶏小屋」(水彩)初入選。以降、画家として活躍を始める。

1922年 昨年の娘の死産に想を得た作品『埋葬』、『二階より』を第9回二科展に出品。

児島善三郎、林武とともに二科賞受賞。

1923年 二科会の急進派で結成された第1回アクション展に油彩画3点出品。
福岡市極楽寺に移る。

1926年 6月、第1回一九三〇年協会展開催後、同協会より勧誘を受け、林武、野口弥太郎らとともに加入するが、9月同会会員を辞す。

1927年 9月、第14回二科展に『動物』『窓』『煙火』を出品する。11月、神経衰弱にて帰郷。

1928年 5月長崎に転地。中川紀元の紹介により東郷青児を知り、東郷の紹介で超現実主義的作風で注目されていた洋画家阿部金剛を知る。竹中久七と知己を得る。
新興思想に関心をよせ前衛試論、社会科学関係の書籍を多数読み漁る。

1929年 二科会会員に推挙される。

1930年 美術雑誌『アトリエ』に「超現実主義私感」を寄稿する。

1931年 川端康成と知己を得る。装幀・挿絵の仕事に追わる。二科展に『朧ろなる時間の直線』『感傷の生理について』 『現実線を切る主智的表情』『仮設の定理』を出品。

1932年 強度の神経痛に冒され身体衰え、次第に厭人的となり入浴恐怖、奇妙な強迫観念に悩む

1933年 8月帝大病院に入院、9月永眠。善福寺に埋葬さる。

まずはお問い合わせ

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取対象

※官公庁、各企業の美術品査定実績ございます

古賀春江までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で掛軸を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

名古屋から全国出張買取受付中

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 日本画・洋画・版画・コンテンポラリーアートなど絵画をはじめ、あらゆる美術品を買取りいたします。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の絵画の買取り、先代様蒐集の絵画の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業70年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2