佐伯祐三の高価買取・鑑定は、名古屋の『ギャラリー北岡技芳堂』へ

北岡技芳堂
フリーダイヤル

佐伯祐三 高価買取いたします

佐伯祐三先生の作品を探しております。お譲りいただける作品がございましたら、買取依頼申込みフォームまたはフリーダイヤル0120-516-145までご連絡下さい。現金にて即金高価買取させていただきます。出張鑑定・査定買取もさせていただきます。

佐伯祐三(さえきゆうぞう)

1898年 4月28日大阪府西成郡中津村大字光立寺六番屋敷の光徳寺13代住職、佐伯祐哲、母タキ(のち八重野と改名)の四男三女の次男として生まれる。
幼名は秀丸。

1911年 中津壽常高等小学校壽常科を卒業、中学校受験に失敗し高等科に進学

1912年 高等科1年を終了後、大阪府立北野中学校(現府立北野高校)に入学
(坂本 勝と5年間同級)

1915年 北野中学校4年生頃から油絵を描き始め赤松麟作塾(梅田)に通う

1917年 北野中学校を卒業(席次は87人中76番)上京し最初九段上に下宿、川端画学校に入り藤島武二の指導を受ける。生涯の友、山田新一を知る
「自画像」制作。

1918年 東京美術学校西洋画科予備科に山田とともに入学、大阪出身の木下勝治郎を知る。本科に進級、千葉県御宿などに写生旅行 「御宿の海」制作。

1919年 銀座象牙商の娘の池田米子と知り合う 紀州勝浦へ写生旅行 「紀州勝浦の海」制作。

1920年 9月父祐哲死去 11月池田米子と結婚、落合村にアトリエつきの家を新築。
現、新宿区立佐伯公園

1921年 弟祐明結核で死去、家作りに興味を持ち木下勝治郎らの助力で増築 体調を崩し3ヶ月休学、喀血も

1922年 長女彌智子出生、渡欧に関心を持ち椎名其二、マリー夫人にフランス語を習う
「帽子をかぶる自画像」制作。

1923年 東京美術学校西洋画科卒業、同級生等と卒業後の発表グループとして「薔薇門社」を結成し第一回展
11月フランスへ向け家族とともに出発
「自画像」「裸婦」「パレットを持つ自画像」制作。

1924年 1月パリ着、3月パリ郊外のクラマールに移住
里見勝蔵の紹介でフォービズムの実力者ヴラマンクを訪ねるが「アカデミズム野郎」と怒号を浴びる。
11月モンパルナスのリュ・デュ・シャトーに移住
「ノートル・ダム」「パリ郊外風景」 「立てる自画像」制作。

1925年 6月兄祐正を迎えにマルセイユへ、アヴィニヨン、アルルなどゴッホの足跡を追う
第18回サロン・ドートンヌ展に米子とともに入選
11月体調を崩し病床に就く、病身を心配した祐正のすすめで帰国に同意
「エッフェル塔の見える通り」「リュ・デュ・シャトーの歩道」
「ノートル・ダム(マント・ラ・ジョリ)」「壁」 「コルドヌリ(靴屋)」「煉瓦屋」「村役場」「アネモネ」「人形」制作。

1926年 3月帰国、光徳寺に帰る。 木下、前田、小島らと「1930年協会」結成第一回展を開催 第13回二科展に特例として19点出品二科賞受賞、米子も入選。
下落合風景連作、再び渡仏の準備を始める
「滞船」「蟹」「肥後橋風景」「下落合風景」制作。

1927年  第2回1930年協会展開催、8月再び一家でパリに向かう
10月プールヴァール・デュ・モンパルナスに落ち着く
第20回サロ・ドートンヌ展に入選、「カフェ・レストラン」の連作始まる
「リュクサンブール公園」「広告塔」「新聞屋」「ガス燈と広告」 「カフェ・レストラン」「鐘楼のある風景」制作。

1928年 2月山口、荻須らとパリ郊外モランへ写生旅行。3月小雨の中の写生がたたり風邪をひき喀血、病床に就く。翌月リュ・ド・ヴァンブへ転居し療養。
ヴィル・エブラール精神病院に入院療養するも8月16日午前11時過ぎ30年の短い生涯を閉じる 同30日彌智子も後を追う
光徳寺で本葬、祐三の戒名は「巌精院釈祐三」、彌智子は「明星院釈尼祐智」

まずはお問い合わせ
LINE査定始めました

買取までの流れ

お問い合わせ

まずはメールまたはお電話でお問い合わせください。

査定

メールまたはお電話で簡単な査定金額をお伝えいたします。

買取

宅配」「出張」「ご来店」いづれかの買取方法で実物を査定いたします。

お支払い

ご提示金額に納得いただけましたら、そのまま現金でお支払いいたします。

取引完了

お取引ありがとうございました。

買取方法は3つの方法からお選び頂けます

店頭買取
出張買取
宅配買取

買取理念

買取には自身があります。ぜひ「北岡技芳堂」にお任せください!

◆ 絵画・骨董品・掛軸・茶道具・日本刀・象牙・西洋アンティークなどあらゆる美術品を買取りいたします。また金・銀・プラチナなどの買取りについてもご相談承ります。

◆ リフォーム時などにご不要となりました絵画の買取り、また解体や引越しの際の骨董品の買取り、先代様蒐集の茶道具の買取り、遺産相続などご処分を検討されるお客様は、どの様に買取ってもらえるのか、正当な評価がなされるのか、などご不明な点が多いと思います。

◆ 全国有数のオークション在籍による最新の市場データの把握、そして創業50余年の経験と実績に基づく真贋や価値の適正な査定により高価買取りを実現、多くのお客様にご満足をいただいております。まずはお気軽にご相談下さい。

◆ 弊店ではお客様に不快な気持ち抱いていただかない事を第一に心掛けております。時間をかけてじっくりご説明し、お客様にご納得いただいた上で、お客様の個人情報の保護を最優先に秘密厳守にて買取りをさせていただきます。

◆ 売却をお考えなら遠近・点数に関わらず、美術品鑑定・買取り専門店、北岡技芳堂までご連絡下さい。質問、ご相談だけでも大歓迎です。

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram