ブログ | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2019年7月15日

古家野雄紀 日本画展

3日目です。

昨日まで、古家野雄紀が在廊しておりました。

お客様とお話をしたり、額の裏にサインをしたりの2日間でした。

 

ギャラリー入り口から

 

螺旋と二重螺旋の作品

 

額裏にサインをしている古家野雄紀

 

 

会期:2019年7月13日(土)〜7月20日(土)
※会期中無休 
営業時間:10時〜18時(最終日は16時終了)
会場:ギャラリー北岡技芳堂
作家在廊日:7月13日(土)13時〜/7月14日(日)16時まで

2019年7月9日

弥七田織部渦巻紋茶碗が入荷

弥七田織部渦巻紋茶碗

使うなら今の時期かな!

前回ご紹介した古瀬戸茶碗の二番目にお出ししてます。

「古池や蛙飛びこむ水の音」

という事で春から今ぐらいの時期に良いお茶碗じゃないですかね!

 

 

ご来店いただきましたらこのお茶碗でお茶をお出し致します。

 

 

水たまりに雨が落ちたようにも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月4日

古瀬戸茶碗 藤村庸軒書付

古瀬戸茶碗

詫びててお茶が美味しく頂けます。

藤村庸軒好み

白庵茶碗在判

箱書と高台横の漆書共に藤村庸軒

 

 

お茶が美味しです。

 

 

古瀬戸特有の釉薬がたまらない。

 

 

いい茶わんだな〜〜!

宗旦四天王の一人、藤村庸軒の所持していた茶碗ということで、なぜか嬉しくなってきます。

 

 

 

 

 

2019年7月2日

徳川宗春 尾張徳川7代藩主 入荷

徳川宗春

尾張徳川7代藩主

風月「ふげつ」

心地よい風と美しい月。自然の風物。「花鳥風月」

自然の風物を題材に詩歌・文章を作ること。また、文才のあること。「風月の才に富む」

 

 

 

 

 

 

自然の風物を題材に詩歌・文章を作ること。また、文才のあること。「風月の才に富む」

宗春鉸彫と落款に書かれており、自筆をいろ紙で切り抜いて本紙に張り付けた文字。

宗春の風流さを感じさせて素晴らしい珍品。

徳川宗春は、数が少なく貴重なお軸です。

名古屋を盛り上げるには宗春さんですね!

 
 
 
 

2019年6月30日

古家野雄紀 日本画展

古家野雄紀 日本画展 会場 ギャラリー北岡技芳堂

2019年7月13日(土)〜7月20日(土)※会期中無休 

 営業時間:10時〜18時(最終日は16時終了)

作家在廊日:7月13日(土)13時〜/7月14日(日)16時まで

 

「螺旋群像図」S10号

 

日本画の素材を使いながら、古典と現代の手法を組み込み、 日本美術、古美術、 そして絵画に共感してもらえるようアプローチしている作品は新しく、 それでいて自然体で人懐っこさを感じさせます。 テーマの中で重きを置いているものは「生」。 螺旋は生命の根源となる形であり、その上に人物を構成することで人の死生観を表現しています。 今展は名古屋での初個展となります。 古典様式の美しさと現代的な可愛らしさが織り成す作品たちを、 ぜひこの機会にご高覧いただけましたら幸いです。

2019年6月15日

山田想 陶展  本日からです。

山田想 陶展

2019年6月15日(土)〜6月22日(土)

開催場所:ギャラリー北岡技芳堂

営業時間:10時〜18時

15日は12時からopen/最終日16時まで

 

 

 

作家在廊日:15日(土)、16日(日)、22日(土)

急須、宝瓶、絞り出し、土瓶、食器、酒器、花器、陶板などを展示いたします。

是非、この機会にご高覧いただければ幸いです。

スペシャルイベント

6月16日(日)15時から16時半

茶藝家 中田有紀先生(名圃)

様々な種類の中国茶を作家の器でお楽しみください。

無料でご参加いただけますので、お気軽にご来廊くださいませ。

 

 

 

2019年5月30日

山田想 陶展

山田想 陶展

2019年6月15日(土)〜6月22日(土)

開催場所:ギャラリー北岡技芳堂

営業時間:10時〜18時

15日は12時からopen/最終日16時まで

作家在廊日:15日(土)、16日(日)、22日(土)

急須、宝瓶、絞り出し、土瓶、食器、酒器、花器、陶板などを展示いたします。

是非、この機会にご高覧いただければ幸いです。

スペシャルイベント

6月16日(日)15時から16時半

茶藝家 中田有紀先生(名圃)

様々な種類の中国茶を作家の器でお楽しみください。

無料でご参加いただけますので、お気軽にご来廊くださいませ。

 

 

 

 

 

2019年5月28日

宮﨑優 日本画展 月刊アートコレクターズ 5月号

宮﨑優 日本画展 ー四季彩ー

 

 月刊アートコレクターズ 5月号に掲載させていただきました。

アップが遅くなり失礼いたしました。お手に取りご覧いただければ幸いです。

 

 

美人画の旗手が織りなす四季折々の物語

という事で、1ページに宣伝広告いたしました。

 

 

83ページにプレビューとして記事を掲載させていただきました。

日曜美術館の出演や、アダチ浮世絵大賞の事を編集者の方と打ち合わせをいたしました。

 

2019年5月号は、令和元年スペシャルという事で、1989年〜2019年までのアートに関する出来事や日本人作家の総落札ランキングや最高落札ランキングなど記念すべき号なので皆さんたくさんご覧になられたのではないでしょうか。

 

 

 

 

場所:ギャラリー北岡技芳堂

電話:052−251−5515

会期:2019年5月25日(土)~6月1日(土)

時間:10時~18時(最終日は16時まで)

 

 

 

 

2019年5月28日

宮﨑優 日本画展 ー四季彩ー

宮﨑優 日本画展 ー四季彩ー

 

たくさんのお問い合わせありがとうございます。

全て、ご売約とさせていただきました。

展示は、6月1日まで行なっておりますのでどうぞお気軽にお越しください。

 

 

宮﨑優 日本画展 入口作品展示風景

 

 

宮﨑優 日本画展 奥の作品展示風景

 

今回は、四季をテーマに描いていただきました。

季節もあってかシャボン玉の作品に人気が集まりご応募をたくさんいただきました。

今回、線香花火を手に持つ作品が初めて登場しました、線香花火の線のラインがとても素晴らしい曲線で描かれていて、足元まで描かれており草履から足の小指がはみ出ている表現がとても素晴らしい作品に注目が集まりました。

浴衣にも新しい技法を取り入れ、上品に仕上がっております。今展、作品の完成度がさらに上がりお客様も感心しておりました。

宮﨑優さんの作品は、女性の顔がすごく可愛く美しく描かれていてなんとも言えない魅力を秘めております。まだ、拝見されていない方はぜひ拝見していただきいと思います。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

場所:ギャラリー北岡技芳堂

電話:052−251−5515

会期:2019年5月25日(土)~6月1日(土)

時間:10時~18時(最終日は16時まで)

 

2019年5月16日

宮﨑優 日本画展 本日より一般抽選の受付を開始いたします。

宮﨑優 日本画展  ー四季彩ー

今回の個展では、作品の販売方法は抽選となります。

本日より一般抽選の受付を開始いたしました。
ご応募、詳細等につきましては、お電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。

応募締切 5月26日(日)12時まで

電話:052−251−5515
会期:2019年5月25日(土)~6月1日(土)
時間:10時~18時(最終日は16時まで)

 

宮﨑優 「線香花火」 F15 絹本彩色

瞬く間に美人画を描く女性画家として一躍メジャーへと駆け上がって日本画家、宮﨑優、池永康晟監修の【美人画づくし】(芸術新潮社刊)で注目を集め。

2018年、第9回アダチ浮世絵大賞、今年3月に放送されたNHK日曜美術館への出演などメディアへの露出も増加し、前述の大賞で審査員を務めた山下裕二が推す作家のひとりである。

こうした飛躍は、ひとえに絵に対する真摯な姿勢と努力の賜物であろう。幼い頃から女性の絵に生命の美しさを感じてきたという宮﨑優はイラストレーターを経て、結婚後に自然豊かな土地に移り、そこで改めて自分の求める絵に向き合い始めた。

理想の女性を描くために日本画を独学で習得したという。

重ねることで深みを増す墨、粒子の輝きの美しさと優れた発色を持つ岩絵具は、彼女の作品には必要不可欠なものとなっている。

宮﨑にとって描く事は呼吸をし、食事を取るように、生活の一部として欠かせない。

日本の民族衣装である着物を纏う女性の表情や所作は、これまでの様々な女性との出会いによるものであろう。それを「情報や経験の蓄積が絵の意思だとすると、私が描く絵はいただき物からできていると思うのです」と【美人画づくし】の中で述べている。

ギャラリー北岡技芳堂での初個展ではしをテーマに、新たな宮﨑優の作品世界を披露いたします。

 

 

 

 

 

 

 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2