村上華岳の作品と向き合いました。 | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2012年9月12日

村上華岳の作品と向き合いました。

20歳の時から見つめてきた村上華岳
北岡技芳堂 四日市店の茶室にて
村上華岳の言葉
「宇宙の意思と一つになること。私が仏画を描いているのは、そこへ到達する修行に過ぎません」

仏画や山水画を描き、神秘を極めた線の追求から「線の行者」と言われております。
「仏陀を描く心も山水を描く心もどちらも作家の魂を研ぎ出すに於いて、結局甲乙はない。等差の置きやうがない。仏陀山水であり、山水菩薩である」

画家であるよりも或いは宗教家であるよりも前に一人の人間でありたいと華岳は画論で言っております。
絵画 骨董品 買取の北岡技芳堂
絵画・骨董品買取専門店による東海地方美術館情報
金銀プラチナ買取の北岡技芳堂
絵画の鑑定・買取の北岡技芳堂

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル

お知らせ

北岡技芳堂Instagram