山田正亮 Work | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2017年9月9日

山田正亮 Work

 

 

20歳で読売アンデパンダン展に出品、1953年に長谷川三郎に師事した山田正亮ですが、

基本的に独立独歩の画家として絶え間なく描き続け、生涯に5,000点もの絵画を生み出しました。

 

 

 

山田正亮 Work D.087

S10号 1977年

キャンバス油彩

 

 

2016年12月6日(火)から2017年2月12日(日)に、

初公開の制作ノート群とともに紹介され、

東京国立近代美術館にて初の大規模な回顧展が行われました。

 

「描き続けたまえ 絵画との契約である」

 

“描く” ことを自らの人生と一体化させ、美術の潮流から距離をとり、

孤独の中で生涯描き続けた画家の主要作 200 点あまりが展示されました。

戦後の日本の現代アートは世界的に見直され、独自の活動を行なっていた山田正亮は益々注目されております。

その時の映像をご紹介いたします。

 

 

 

何が良いのかわかりにくい、そんな言葉で敬遠されがちな抽象絵画ですが、

まずは一度触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram