北大路魯山人 蟹絵皿 | 北岡技芳堂

北岡技芳堂
フリーダイヤル

2013年9月27日

北大路魯山人 蟹絵皿

北大路魯山人
織部蟹絵皿

ざんぐりとしたタタラ造りの皿に、1匹の蟹が俳画のような気分で描かれている。
形や模様のモチーフが決まると、そのなかでいかにも自由に、あたかも蟹と遊ぶかのように絵付けしている。
この絵皿は昭和三十四年作のいわば焼き物としての絶作であり、この蟹の陶画の中に魯山人は、それまでの芸術の総てを要約して封じ込め、あの世に逝ってしまったとしか思えないのだ。
それほど絵画としてもこれは素晴らしいものである。
新潮社 魯山人の世界から抜粋

最近のブログ

月別アーカイブ

店舗紹介

北岡技芳堂 名古屋店
■名古屋店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目1-76
大須本町ビル1F
■三重店
〒510-0082
三重県四日市市中部4-9
■京都店
〒606-0806
京都府京都市左京区下鴨蓼倉町56-2

名古屋から全国出張買取受付中!

フリーダイヤル
北岡技芳堂Instagram